微妙な条件のクルマです

模型

担保にとられたクルマ

金融車にはいろいろな定義がありますが、一般的には売買しても名義変更がでいないクルマのことをいいます。通常自動車ローンを組んで所有権保留になったケースで支払いができなくなりクルマを引きあげられた場合には業者により名義変更が可能になりますが、ローン中の車を担保にして別の業者からローンを借りて返済できなくなった場合にクルマを引き上げられておきるのがこの状態といえます。この場合にはたしかに担保として引き上げた業者が転売しようとしても名義変更はできない状態となりますので、こうした金融車という状況が作り出されてしまうことになるのです。ただ、こうしたクルマを売買して購入すること自体は違法ではないのが特徴となります。

名義変更不可が特徴

金融車はとにかくこの名義変更不可というものが共通する特徴となっていますので、価格的も通常のクルマの7割程度で売買されることになります。なぜか金融車になる車というのは高級車が多く、こうした特別なクルマが安く手に入るということから金融車を購入するユーザーが若者を中心にして多くなっています。ただ、リース車両などの場合には業者が一定の措置をとることにより車検を継続して受けられないなどの問題がでることもありますので、本当に問題がないクルマかしっかり調査をして売買している業者から購入することが重要になります。通常は車検もとおりますし、保険に加入することも可能ですので、普通どおりに利用することができるのが金融車ということいなります。

Copyright© 2017 いらないお車、買取業者にお任せあれ!|人気車種アウディも高額査定 All Rights Reserved.